これが「ムンジャラ」クロアチア最古の大陸水力発電所

1908年から
写真:RenataŠoštar

水力発電所 オザリ「ムンジャラ」 はクロアチアで最も古い針葉樹水力発電所で、1908年に建設され、カルロヴァツの照明を供給するように委託されました。

発電所はオザリの中心部にある自然の滝の上に建設され、 XNUMX年以上経った今でも電気を生み出しています。

それは計画に従って建てられました 市の建設エンジニアValeriRieszner、 そしてその歴史主義的な建築の外観は、 ネオルネッサンス様式の城は、有名なオーストリアの建築家ヘルマンボッレのおかげです。

その後の数年間で、それは オザリ、カルロヴァカ、ドゥガレサ産業の発展に大きく貢献しました。

建物は 文化遺産として保護 文化遺産保護局とクロアチア共和国文化省の監督下にあります。

組織的な訪問が可能です 発電所の専門家の監視の下で。

SOURCE: オザリをご覧ください

カテゴリー
宿泊施設その他歴史と伝説カルロヴァカ郡ライフスタイル特別

プリトヴィツェショップ

関連

特別