DIVINUMのMarijaObućina:不滅の癒しの特性を探る、私は思った–まあ、これは本当に治すことができる

新しいブランドコラボレーション-DIVINUM&PLITVICE TIMES

イモータル(緯度ヘリクリサムアリーナリウム)は、地球がオリンパスの神々によって支配されていた古代ギリシャの時代から医学で使用されてきた植物です。

と呼ばれる化粧品のラインに影響を与えたのは、美しさと黄金の不滅の花の古代の秘密でした ディビナム。 この若いリカブランドの背後には、家族経営の農場で栽培されたリカ・イモータルを自然化粧品に変える植物アロマセラピスト、マリヤ・オブチナがいます。 マリヤに会ったのは リカの秋、彼女は私たちに彼女の起業家の物語がどのように始まったかを明らかにしました。

それはすべて、マリヤがまだ学生だったときに、マーケティングとコミュニケーションの研究のXNUMX年目に始まりました。 彼女の父親はブコヴァツの家族農場に不死身を植えました。 ある時、畑を通り抜けると、マリヤは不滅の植物は不滅の植物だと思いました。

「植物は枯れたように見えますが、数日で黄色い花が現れ、枯れることはありません…」

彼女はすぐに彼女の最初の不滅の製品を作りました-彼女が公衆衛生研究所に分析のために取ったたったXNUMXつの成分の乾性油。

「研究所が化粧品が正しいことを確認したとき、私は父に、もうイモータルを購入するのではなく、私に任せると言いました」とマリヤは続けます。

その後、彼女は蒸留所で最初の加水分解酵素を作りました。 イモータルは、「薬用植物としてのイモータルの戦略のマーキング」と題された彼女の首尾よく擁護された論文のトピックでした。

「イモータルの癒しの特性を探求して、私は思いました–まあ、これは本当に治すことができます」とマリヤは言います。

マリヤは、今日ではその恩恵がほとんど忘れられているイモータルの数々の癒しの特性に感銘を受け、2019年末に天然化粧品の製造事業を開始しました。両親と叔母の財政的支援を受けて、彼女はペルーシッチに工場を設立しました。 リカ・セニ郡開発庁LIRAからインセンティブを受け取った後、彼女は植物を蒸留するための機械を購入しました。

その間、彼女はProFokusCollegeで植物アロマセラピストの称号も取得しました。

なぜDivinumという名前なのですか? –私たちは彼女に尋ねました。

ディビナムコレクション 古代オリンパスの神々と女神の名前が付けられた6つの製品で構成されています。これは、翻訳でDivinumという名前が「神」を意味するためです。

イモータル加水分解酵素 Helios ギリシャの太陽神にちなんで名付けられました。 天然温泉水で不滅の葉や花を蒸留する過程で得られます。 ドライイモータルオイルは ヘラ、そして栄養のあるバーム– デメテル.

イモータルディビナム 手つかずのリカの自然の中で育ちます。 手作業で栽培・収穫され、収穫後すぐに工場の庭で蒸留されます。 の構成 ディビナム 化粧品は医学的にテストされており、100%天然です。 材料を選ぶとき、XNUMXつのことがマリヤにとって特に重要でした。

「製品のすべての成分にはアンチエイジング効果があります」とMarijaは言います。

 

こちらから製品を注文してください: 

ヘラオイル

ディビナムヘラオイル、10 ml

HELIOS HIDROLAT

Divinum Helios hidrolat、100 ml

デメトラバルサム

ディビナムデメトラバルサム、50g

神のコレクション

ディビナム神コレクション

 

PHOTOS: Josip Durdov

カテゴリー
特集面接特別

プリトヴィツェショップ

関連

特別