「Ličkiškripavac」チーズ第32回クロアチア保護原産地呼称

クロアチア農業省は火曜日に、「Ličkiškripavac」チーズがEUで32番目のクロアチア保護原産地呼称になり、...の購入を保証すると報告しました。

クロアチア農業省は火曜日に、「Ličkiškripavac」チーズがEUで32番目のクロアチア保護原産地呼称になり、本物の製品の購入を保証すると報告しました。

保護原産地呼称が与えられた製品のニュースは、21月XNUMX日のEU官報に掲載されました。

「Ličkiškripavac」という名前を保護するための手続きは、2017年XNUMX月に、リカ・セニ郡の小規模酪農生産者を集めたLičkiškripavac協会が農業省にその趣旨の要請を提出したときに開始されました。

チーズは主にリカセニ郡で生産されていますが、ザダル郡とカルロヴァック郡でも生産されています。

Ličkiškripavacは、レンネットとスターターカルチャーを使用して生または低温殺菌された全牛乳を凝固させ、ホエーを分離することによって得られる柔らかくて脂肪の多いチーズです。 チーズは熟成されていないため、皮がありません。 それは柔らかいゴムの一貫性を持ち、円筒形または長方形の形をしています。

内部は滑らかで、チーズの成形中にホエーが保持されるために穴が発生することはありません。 乳白色で適度な塩味があります。 チーズは特徴的なゴムの粘稠度を持っており、食べると「きしむ」ので、公式ジャーナルの説明によると、「Ličkiškripavac」(大まかに「リカのきしむチーズ」と訳されます)という名前が付けられています。

カテゴリー
特集最新情報

プリトヴィツェショップ

関連

特別