VAROŠKAPIVOVARA:「冬には、より多くのアルコール、より暗いノート、ドライフルーツ、チョコレートのようなより暗いアロマでビールを作ります」

GOSPIĆからのインタビュー

Varoš醸造所は、2016年からザダルで操業している小さな地元の醸造所です。

ビール愛好家は、クロアチア中の数多くの見本市やお祭りで彼らに会うことができました。 今年、彼らはリカで開催された伝統的な展示会「秋」で初めて製品を発表しました。

「クラフトは苦くて芳香のあるビールであるというのが一般的な意見ですが、私たちは苦すぎるビールを作りません。 ダルマチアでは、味覚は苦いビールにあまり慣れていないので、地元の需要に合わせました」と、醸造家のマルコ・ジュキッチとジュリカ・トミッチは私たちに語りました。

Ćakulaは、醸造所で最も人気のあるビールの5つです。 このライトブロンドエールビールにはXNUMX%のアルコールが含まれています。

非常にマイルドな味わいで、喉をすべりやすいビールが好きな方に最適です。

「苦すぎず、甘すぎず、すべてが非常にバランスが取れています」と男の子たちは言います。

一方、ボナカ(風のない穏やかな海)はベルギーのブロンドで、アプリコットとピーチのフルーティーなノートが支配的な軽いベルギースタイルのビールです。

 

「非常に軽く、飲みやすく、柔らかいビール。 アルコール度数が7.5%なので注意が必要です。 3杯飲んだ後、それはあなたをリラックスさせ、本当にリラックスさせます–それが私たちがそれをボナカと呼んだ理由です」と醸造大会でボナカで銅メダルを獲得した男たちは言いました。

Varoš醸造所の常設展示の5番目のビールはNeveraです。これは、XNUMX%のアルコールを含む黒い「スタウト」ビールです。

「アルコールはそれほど多くありませんが、それが多くのフレーバーを持っている理由です–チョコレート、コーヒー、カプチーノが主なノートです。」

ヴァロシュ醸造所が他のクラフト醸造所と一線を画しているのは、毎回異なるレシピを持つ季節のビールの生産です。

季節が変わると、食べ物や気分も変わります。 ですから、一年中いつか飲むビールを変えてみませんか?

「夏には、アルコールが少なく、フローラルでフレッシュな香りのビールがあります。 冬には、より多くのアルコール、より濃いノート、ドライフルーツ、チョコレートなどのより濃いアロマでビールを作ります。」

コントラは、10.5%のアルコールを含む季節のビール「クアドルペル」スタイルです。 ドライフルーツ、イチジク、プラム、レーズンのノートが特徴です。 また、今年は自家製チェリーマラスキーノと野生酵母を使ったビールを提供しました。

「3.5%のアルコールが含まれていて、酸っぱくてとてもさわやかです。 スパイスが入った別の酸っぱくて塩辛いビールがまもなくリリースされるでしょう」と男の子たちは発表します。

クロアチア中のフェスティバルとは別に、Zrinsko-frankopanska 12のザダルにあるテイスティングルームでは、ヴァロシュ醸造所のビールの豊富な品揃えを見つけることができます。

また、ザグレブ、スプリト、ドゥブロヴニク、マカルスカのエリアで配達されるガストロショップ「ポマロ」を通じて、チャクラ、ボナカ、ネベラを注文することもできます。

すべての情報と注文については、経由でそれらに連絡してください Facebook 及び Instagramの。

 

写真:Josip Durdov

カテゴリー
特集面接特別

プリトヴィツェショップ

関連

特別